無添加美容液選びで知っておきたい刺激成分

スキンケア製品市場では安全性が重視される傾向が強まっています。いくら優れた効果を備えた製品でも肌に負担がかかってしまうものは相応しくないという認識が多くの利用者たちの間で共有されつつあるのです。この点は生活習慣の乱れによる肌環境の悪化やエイジングケアへの関心の高まりも背景にあるのですが、そうした中で注目を集めているのが無添加化粧品です。

無添加化粧品の定義は曖昧?!

この無添加とは文字通りに解釈すると「添加物が使用されていない」ということになります。

 

ただ現在のスキンケア市場ではこの言葉の定義が曖昧な面もあり、注目が高まっていることもあって安易に使用されすぎている面もあります。

 

現在のところ、無添加化粧品として販売されている製品ではアレルギーをもたらす疑いがある成分が含まれていない点が共通した定義となっています。

 

このアレルギーをもたらす疑いがある成分とは厚生労働省によって指定された成分のことです。

 

ただし、注意が必要なのはこの指定成分を配合していなければ必ずしも安全とは限らないことです。

 

とくに製品の品質を維持したり、香りや色をよくするために使用される防腐剤や香料、着色料といった物質が肌に刺激をもたらすことが多いのが大きな問題です。

 

そのため現在ではこうした文字通りの添加物を使用していない製品を無添加化粧品と呼ぶようになっています

成分表示をよく確認しよう!

そしてこの点が定義を曖昧にしている要因ともなっています。

 

肌に負担をかける添加物とはどういうものなのか?たとえば界面活性剤の場合、石油由来の合成界面活性剤と天然由来の界面活性剤では肌への影響がまったく異なります。

 

界面活性剤そのものを添加物として扱うのか、それとも肌への負担が大きな種類だけを扱うのか。香料、着色料に関しても同じことが言えます。

 

極端な話メーカー側が使用していない添加物をアピールするために「無添加美容液」と名乗ることも多く、「何が添加されていないか」は製品によって異なるのが実情です。

 

そのため無添加という言葉だけに踊らされることなく、成分表示を良く確認したうえで選んでいくことが求められます。
低刺激だけど効果が期待できる美容液口コミ人気ランキング>>

無添加であれば安全なの?

無添加美容液の魅力は肌への刺激と負担が少なく安心して使用できる点です。しかしそのイメージが先行しすぎてしまっている面もあり、無添加ならどんな製品でも安心して利用できると思われてしまっている面もあります。とくに植物など天然由来の成分を配合している製品にその傾向が強く見られます。

メーカーによって無添加の定義が異なる?!

実際のところ無添加だからといって安全とは限りません

 

理由は2つあります。まず無添加の定義がメーカーによって異なること。

 

アレルギーをもたらす可能性がある指定成分が使用されていない製品に対して使われることもありますし、防腐剤や香料、鉱物油といった添加物が使用されていない製品に対して使われることもあります。

 

また何を使用していないかも製品によって異なるのです。そのためAという無添加美容液には使用されていない成分・添加物がBという無添加美容液には使用されている可能性もあるわけです。

 

そうなると敏感肌・乾燥肌の方は無添加化粧品でも肌に合うケースと合わないケースが出てきます。

無添加に盲信せず自分に合ったものを!

2つ目の理由は添加物を使用していないからといって安全とは限らない点です。

 

とくに植物由来の成分・エキスに関して重要なポイントとなります。どうしても化学成分に比べて植物由来の成分には安全なイメージが付きまといますが、アレルギーのリスクがまったくないわけではありません

 

しかも植物由来のエキスには複数の成分が含まれているため、どの成分がどんな形で肌への刺激やアレルギー反応をもたらすか未知数な面もあるのです。

 

メーカーの製品紹介ページにも必ず「アレルギー反応の可能性がないことを保証するものではありません」といった但し書きがついています。

 

このように、無添加美容液は肌への負担が少ないのは間違いありませんが、100パーセント安全でどんな肌質でも安心して使用できるというわけではありません。最終的な判断は実際に使用してみたうえで下すことになるでしょう。

 

乾燥・敏感肌に悩まされている方にとって無添加美容液は魅力的な選択肢ではありますが、妄信せずに使用開始からしばらくのあいだは慎重に肌への影響を見極めながら使っていくよう心がけましょう。

合成界面活性剤ってどんなもの?

現在スキンケアにおいてもっとも悪役扱いされているのが合成界面活性剤といってもよいでしょう。無添加美容液でもこれを含んでいないことをアピールしている製品がほとんどで、無添加の条件のような状況になっています。その一方、合成界面活性剤に関する知識は十分認知されていない面もあります。

界面活性剤と合成界面活性剤は違うもの?!

とくに混同しやすいのは界面活性剤と合成界面活性剤の違いです。

 

無添加美容液の中には界面活性剤を使用していない点をアピールしているものもあるだけに紛らわしいのですが、この2つは厳密には異なります

 

界面活性剤とは簡単に言えば水と油を混ぜ合わせるための物質です。

 

よく相容れないものをたとえる際に使われるように、水と油は混ざりません。しかしスキンケアの際には洗顔料を筆頭にどうしても油分が必要になるため、水と混ぜ合わせて製品化することが不可欠なのです。

 

ですから水と油が使用されたスキンケア製品には界面活性剤が使用されているといってもよいのです。

 

問題なのは合成界面活性剤です。

 

界面活性剤にはいくつかの種類があり、なかにはペプチドレシチンといった天然由来の成分もありますが、これらの界面活性剤は洗浄力が弱く安定性に劣るという問題点を抱えています。

 

そのため化学的に合成して作られた界面活性剤を使用するのが一般的になりました。その結果洗浄力も安定性も飛躍的に向上したのです。

 

さらに化学的に作れるため大量生産が可能で、低コストで安価な製品を供給できる点も合成界面活性剤を普及させた大きな要因です。

合成界面活性剤は肌トラブルの原因に

その一方、現在合成界面活性剤の主流となっている石油由来のタイプは人体への刺激が強く、肌荒れなどの影響を起こしやすい問題を抱えています。

 

とくに乾燥・敏感肌の方が使用すると肌への刺激が強すぎて肌荒れなどのトラブルの原因になりやすいのです。

 

また環境面への悪影響も指摘されており、現代社会には適さない界面活性剤との認識が強まっています。

 

こうした理由から無添加美容液に合成界面活性剤が使用されなくなりました。現在では無添加を名乗っていない製品でも不使用が増えているため、製品選びの際にはよく確認しておきましょう。

防腐剤・殺菌剤ってなに?

美容液によく使用され、また無添加美容液には使用されていないことを強調されることが多いのが防腐剤・殺菌剤です。

防腐剤は製品の持ちを良くし、効果と安全性を維持

このうち防腐剤は製品の劣化を防ぎ、持ちをよくするために配合されます。

 

ですからスキンケアには直接関わる物質ではいないため無添加美容液では敬遠されることが多いのです。

 

ただし、製品の持ちをよくすることは効果と安全性を維持する上で非常に重要な意味を持っているため、無添加美容液を名乗っている製品でも配合しているケースが少なくありません

 

研究や技術の進歩から美容液にさまざまな成分が配合されるようになりました。

 

保湿成分抗酸化成分、さらには美白成分など。しかしこうした有効成分をたくさん配合すればするほど製品の品質を維持するのが難しくなります。

 

とくにグリセリンアミノ酸といった乾燥肌やエイジングケアに欠かせない成分の中には雑菌にとって格好のエサになってしまうものもあるのです。

 

そのため高い効果を目指して配合成分を工夫すればするほど防腐剤が必須になるという面もあるのです。

殺菌剤は肌トラブルを改善する効果も

一方殺菌剤はその名の通り細菌を死滅するための成分です。

 

サリチル酸が代表的なタイプとしてよく美容液に配合されています。

 

こちらは肌に繁殖する細菌を殺すことでニキビをはじめとした肌トラブルを改善する効果があります。そのためニキビ肌や炎症を起こしやすい肌の方には欠かせない成分といってもよいでしょう。

 

しかし一方では乾燥・敏感肌で刺激に弱くなっている肌に使用すると負担になってしまうこともあります。

 

このように、防腐剤・殺菌剤は必ずしも悪役というわけではなく、スキンケア製品の効果を維持したり、肌トラブルを改善するために必要な面もあります

 

そのためこれらを配合していない無添加美容液が必ずしもよいというわけではなく、製品の内容や自分の肌との相性も考慮したうえで判断する必要があるのです。この点は無添加化粧品のアピールや宣伝文句に惑わされいよう注意しなければならないでしょう。

紫外線吸収剤ってなに?

美容液を使用する上で重要な効果のひとつとなるのが紫外線対策効果です。紫外線は肌にダメージをもたらすだけでなく、活性酸素を増やすことで老化の原因にもなってしまいます。この対策をしっかり行わずに紫外線に肌を晒す環境を続けていると年齢を重ねるにつれてさまざまな肌トラブルを抱えやすくなってしまいます。

紫外線吸収剤は紫外線の吸収を防ぐ

そんな紫外線対策のために配合されていることが多いのが紫外線吸収剤です。

 

紫外線対策効果を備えた成分ではもうひとつ紫外線錯乱剤という種類もありますが、吸収剤の方はその名の通り紫外線を吸収して取り込む効果を備えているのが大きな特徴です。

 

紫外線対策を行っていなかったり、乾燥や老化でバリア機能が低下していると紫外線が角質層の奥にまで侵入してしまい、活性酸素の生成量が増加するほか、肌を支えてハリを維持しているコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

 

そこで紫外線吸収剤で取り込むことで奥まで侵入することを防ぐのです。

 

なお、地上に届く紫外線にはUVAUVBの2種類があることが知られていますが、どちらの対策を重視するかによって配合されている紫外線吸収剤の種類も異なります

 

UVAの方はベンゾフェノン誘導体ジベンゾイルメタン誘導体といった種類が良く使用されるのに対し、UVBではケイ皮酸誘導体と呼ばれる成分が使用されています。

紫外線吸収剤は悪影響が生じることも

一般的なUVケア美容液ではこちらのUVB対策用の紫外線吸収剤が配合されています。

 

問題なのはこの紫外線吸収剤が肌に負担をかけてしまうケースがあることです。

 

とくに乾燥・敏感肌の方が使用するとこの成分の刺激そのもので肌に悪影響が生じてしまう恐れがあります。そうでなくても長期間の使用は肌の老化を進めてしまうといいます。

 

そのため最近では紫外線吸収剤を使用しない日焼け止めなども使用しています。

 

刺激が気になる方は無添加美容液など紫外線吸収剤を使用していない美容液を選び、日焼け止めなど別の方法でできるだけ低刺激の方法で紫外線対策を行っていくことも考慮しましょう。
低刺激だけど効果が期待できる美容液口コミ人気ランキング>>

人気の無添加美容液

リソウ リペアジェル

リペアジェル

コラーゲン不足が原因のたるみに!1滴の水さえも加えない無添加美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

ドクターリセラ 透輝の滴

無添加美容液透輝の滴

自宅でエステの本格ケア!2,790のエステサロンで大人気の無添加集中美容液
10日間お試し2,160円・税込 ※初回限定お一人1点限り
>>公式HPで詳しく見てみる!

ハーバー 高品位「スクワラン」

ハーバー 高品位「スクワラン」

1,600万本突破!1滴で毛穴、小じわを目立たなくする純度99.9%の美容オイル
スクワランはじめてセット1,512円・税込 ※初めての方限定
(高品位スクワラン15ml+洗顔フォーム・メイク落とし・化粧水・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

ファンケル 無添加アイセラム

ファンケル 無添加アイセラム

コスパ抜群!目元口元にふっくらハリを生むファンケルの高保湿美容クリーム
約90回分1,800円・税込み(初回限定・お一人様1セット1回限り)
(アクティブコンディショニングEX化粧液2包・乳液2包・速攻リフトアップマスク2包付。無くなり次第終了)
>>公式HPで詳しく見てみる!