敏感肌のスキンケア記事一覧

敏感肌の原因にはどのようなものがあるでしょうか?多くの女性、とくに40歳前後にとっての大きな悩みとなる敏感肌。刺激に敏感になってしまい、スキンケアもままならなくなってしまうこともあります。敏感肌の最大の原因は乾燥や保湿成分の減少肌荒れがますます肌環境を悪化し、シミやしわ、くすみといった問題を加速させてしまう原因にもなります。どうして肌が敏感肌になっていくのでしょうか。その最大の原因は乾燥です。加齢...

敏感肌とはその名の通り敏感な状態に陥っている肌のことです。しかし具体的な定義はなく、よほど肌荒れやアレルギー症状といったはっきりとした症状が表れない限り自分が敏感肌だと自覚するのは難しい面もあります。そのため自分の肌には刺激が強すぎるスキンケア製品を使い続けて肌環境を悪化させてしまっているケースも少なくないのです。肌のバリア機能が損なわれている状態敏感肌とは簡単に言えば肌のバリア機能が損なわれてし...

敏感肌はスキンケアだけでなく体の内面からのケアも大事です。そもそも刺激に敏感な状態のため、スキンケア製品を満足に使用できないケースも多いため、肌へのアプローチだけでは十分な改善効果が期待できないからです。また敏感肌は肌だけでなく体の内面が原因で生じていることも多いため、内側と外側両方で効果的なケアを行っていくことが求められます。食生活を見直して、腸内環境を整えよう内側からのアプローチで重要なのが生...

敏感肌の方はクレンジング・洗顔の段階でスキンケアの悩みを抱えがちです。汚れやメイクを落としたり肌をケアするどころか肌をいためてしまう恐れがあるからです。そのため、できるだけ肌に刺激を与えないことを大前提に正しい方法を行っていく必要があります。低刺激と洗浄力に考慮してクレンジング剤を選ぼうクレンジングのポイントはクレンジング剤の選択にあります。メイクをしっかり落とす優れた洗浄力に恵まれている一方、敏...

敏感肌のスキンケアにおいては保湿と保水を最優先にして行っていく必要があります。肌質に関わらずこの2つは重視すべきポイントですが、敏感肌の場合は乾燥が敏感な状態を進行させてしまっていることが多いだけにとくに大きな意味を持つのです。敏感肌ケアは、肌内部の保湿・保水力を改善しよう!肌が乾燥するとバリア機能も低下します。その結果外部からの刺激に敏感になってしまうわけですが、敏感になるとますます外部からのダ...

敏感肌のケアでは洗顔だけでなく入浴方法にも注意が必要です。どちらも汚れを落とす重要な手段となりますが、一方で肌から水分を奪い、ダメージを与えてしまう原因にもなります。洗顔に比べてあまりこだわらない方も多いだけに注意が必要です。熱すぎるお湯は、肌に負担がかかるので要注意!入浴の際に注意したいのはまずお湯の温度です。あまり熱すぎると肌に余計な負担がかかってしまいますから、少しぐらいぬるめ、具体的には3...

敏感肌の人は紫外線対策を日焼け止めだけに頼らず、トータルなスキンケアで行っていく必要があります。日差しから肌を守るためには日焼け止めが欠かせませんが、紫外線をカットする効果が高ければ高いほど肌への負担も大きくなるため、日焼け止めだけに頼っているとかえって肌環境を悪化させてしまう恐れがあるのです。敏感肌の紫外線対策ではシーンによって日焼け止めを使い分ける敏感肌の人が行いたい紫外線対策のポイントはシー...

敏感肌やエイジングケアに適したスキンケア製品の選択肢として人気を得ているのがオールインワン化粧品です。化粧水、乳液、美容液、クリームといった一連のスキンケアの過程を1本で済ませることができるのが最大の特徴です。中には化粧下地など1本で5〜6役もの役割を備えているものもあります。1本でスキンケアを済ませるオールインワンは敏感肌におすすめこのオールイワン化粧品が敏感肌に合うといわれている最大の理由は摩...

敏感肌は毎日の生活の中で改善できるのか、悩まされている方にとっては相応しいスキンケア環境を探していく上でも大事なポイントです。敏感肌の原因で最も多いのが乾燥もともと刺激に対して敏感な肌質をしている方ももちろんいますが、敏感肌にまで悪化するのはたいていが後天的な理由、生活習慣やスキンケア、加齢といった要素が深く関わっているため、それさえカバーできれば改善することも十分に可能です。適切な対策を行ってい...

敏感肌の方は紫外線対策が欠かせません。ただでさえ刺激に対して敏感な状態になっているところに紫外線のダメージを受けてしまうとますます敏感な状態が進行してしまいます。敏感肌は最小限の刺激で最大の効果が得られる日焼け止めを厄介なのは紫外線はただ肌に刺激を与えるだけでなく、活性酸素を増加させることで老化を促してしまうこと。そのため老化がますますバリア機能やターンオーバーを低下させて敏感な状態を進行させてし...

敏感肌のケアではできるだけ肌をいためずに洗顔を行っていく必要があります。この基本的な部分がうまく出来ておらず、誤った洗顔でみすみす肌にダメージを与えてしまっているケースも多いのです。敏感肌はアミノ酸系の洗浄成分を使用している洗顔料がおすすめ洗顔料選びでは合成界面活性剤が使用されていないものを選ぶのが基本です。洗浄力に優れ、泡立ちが良いメリットを備えている合成界面活性剤ですが、敏感肌の人には刺激が強...

敏感肌のメイクのコツはまず自分の肌の状態、とくに何が原因で敏感な状態になってしまっているかを確認しておくところからはじまります。敏感肌は厚塗りを防ぐためにも化粧下地は必須体質的な敏感肌の場合にはまずアレルギー反応がないかどうかを確認しておくことが必須だからです。ただ、体質的かどうかは判断が難しい面もあるのでバッチテストを行っておくのをお勧めします。トライアルセットなどであらかじめ実際に試してみるに...